競馬予想サイト【東京競馬場】コースの特徴

競馬予想サイトでは馬の性格や天候などを考慮してレース展開や順位を予想してくれます。もちろん競馬予想サイトの予想を参考にするのもおすすめですが、自分なりの予想を立てるのも楽しいですよ!
競馬予想をするための第一段階・競馬場コースの特徴を知ることからスタート!
今回は東京競馬場のコースを分析します!
horse-1006376_1280

東京競馬場コースの特徴を知ろう

芝のコース

1400メートル

左回りのコースで一周が約2120メートル。約530メートルの長い直線が続き、途中で高低差2メートルの急坂も立ちはだかります。
早いタイムが記録されることが多く、スピード重視・キレのある瞬発力がある競走馬が勝つ傾向にあります。

1600メートル

左回りのコースで一周約2120メートル。3コーナーの入りに低い下り坂があり、コーナーで気を抜くことは許されません。コースの内容的に体力が必要になるため、一定の早さを保てる中距離向きの競走馬が勝つ傾向にあります。
長い直線もあるコースですが、逃げがうまかったり先行馬が有利になることが多いです。

ダートのコース

1300メートル
高低差2.4メートルの急坂が組み込まれ、直線は約500メートルの長さ。左回りが特徴のコースです。3コーナーに下り坂・さらにスピードが落ちないスパイラルカーブなので、スピードを出して先行している馬はペース配分が難しいかもしれません。

1400メートル

高低差2.4メートルの急坂と500メートルの直線、左回りが特徴のコースです。スタートから最初のコーナーまでの距離が短いため、枠順などで有利・不利はあまりつきません。
コーナーの回り方が重視されるでしょう。

東京競馬場をさらに詳しく

東京競馬場は「日本ダービー」や「ジャパンC」などのビッグレースなども開催される日本競馬場界の顔。
新潟の競馬場に次ぐ広いコースには起伏が激しく設けられていて、レース展開をより面白いものにしてくれています。
高低差2メートルの直線の坂は「だんだら坂」と呼ばれており、東京競馬場の名物として知られています。

まとめ

東京競馬場のコース、一部分についてご紹介しました。コースの起伏などはレース展開に大きく影響してくるため、馬券を買う前にしっかりとチェックして狙っている馬との相性を考えてみましょう。
どんなに足の速い競走馬でもコースの得手・不得手はあるものです。チェックを怠らずに!
コースと競走馬の特徴を抑えていれば勝率もググンとアップするかもしれません!
また競馬予想サイトの情報もしっかりチェック。競馬予想サイトのレース展開予想にも目を向けましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする