競馬予想サイト|競走馬の毛色について

競馬予想サイトを利用してレース展開をしていると、大切なのは競走馬の情報ということが分かってくると思います。
競馬予想サイトの情報と合わせて競走馬の毛色について詳しくなりましょう。


a63fee49d994b03f0ec4ef6eff3412d3

サラブレッドの毛色について

サラブレッドの毛色は全部で8種類。この8種類はジャパン・スタッドブック・インターナショナルで認められている毛色です。

鹿毛(かげ)

被毛は赤い褐色・黒い褐色など様々ですが、鹿毛の場合は長毛と四肢の下部が黒い毛をしています。
全体の50パーセントを占める毛色でサラブレッドの毛色のなかで一番多いと言えるでしょう。

青鹿毛(あおかげ)

全身がほぼ黒毛で鼻や目の周り、ひばら等が少しだけ褐色なのが特徴です。

黒鹿毛(くろかげ)

被毛の色合いが黒っぽい赤褐色なのが特徴で、目の周りや下腹部や内股などは褐色・被毛の色は必ず黒色です。

青毛(あおげ)

被毛・長毛がともに黒色をしています。季節によって毛の先が褐色に変化することがあり、黒鹿毛・青鹿毛に見間違えることがあるので注意が必要です。
目や鼻の周りなどをよく観察すると違いがわかります。

芦毛(あしげ)

もともとの色は鹿毛・青毛・栗色などですが、被毛の全体は白色が混ざっています。年齢が進むにつれて白い毛が多くなり、純白へと近付いていきます。

栃栗毛(とちくりげ)

被毛は黒や黄褐色まで様々ですが、黒い毛にはなりません。長い毛は色の濃いものから薄い色まで様々です。

栗毛(くりげ)

被毛は黄色褐色・長毛は黄褐色の濃いものから薄いものまで様々。淡く白に近い毛になることもあります。
全体の約25パーセントほどは栗毛です。

白毛(しろげ)

白色・またがほぼ白の毛色で生まれますが、瞳には色素があります。ピンクの皮膚の一部には色があるためアルビノとは違います。

まとめ

馬の毛色自体がレースに影響を与えるわけではありませんが、父方・母方どちらの血を濃く継いでいるのかを判断する基準にはなります。
性格や脚の特徴に繋がるといえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする