競馬の馬券にはどんな種類があるの?

馬券イメージ

競馬を始めてみたのは良いものの、馬券の種類が分からず困ることはありますよね。
馬券の種類が分からないと、せっかくの楽しさも半減してしまいます。

そこでここでは、競馬をする上で欠かせない馬券の種類について解説していきます。
自分がどの馬券を買うべきなのか、その参考にしてみてくださいね。

馬券の種類は10種類

馬券には、実は10種類もあります。

  • 単勝
  • 複勝
  • 応援馬券
  • 枠連
  • 馬連
  • 馬単
  • ワイド
  • 3連複
  • 3連単
  • WIN5

これだけの種類をみて、「1位を当てるだけじゃないの?」と驚く方もいたのではないでしょうか。
実は思っている以上に競馬は奥が深いです。

ただ、せっかく競馬をするのですが、当てたいですよね。
次項からは、難易度別に馬券を紹介していきましょう。

ビギナー向けの馬券

まず紹介するのが、ビギナー向けの馬券です。
ビギナー向けだからと言って紹介する馬券全てが的中させやすいという訳ではありませんが、少なくともルールは分かりやすいので、買いやすいです。

単勝

競馬をあまりよく知らない方が一番イメージしているのが、「単勝」なのではないでしょうか。
単勝は1着を予想する馬券です。

各レースに人気の馬がいるので、分からない場合にはまずは1番人気の馬を買うのもおすすめです。

複勝

続いて紹介するのが「複勝」です。
複勝は、1〜3着以内に入る馬を当てる馬券になります。

選んだ馬が3着までに入れば良い分、単勝と比べると当てやすいですが、配当は下がるので堅実に当てたい人向けの馬券です。

応援馬券

応援馬券は、単勝と複勝がセットになっている馬券のことです。

この馬券に関してはお気に入りの馬が出走した時などの記念馬券として買う方も多いため、的中させるために買う場合とは少し異なります。
ただ、もちろん的中すれば配当金がもらえるので、記念兼当てるつもりで買ってみましょう。

的中難易度中級の馬券

さて、次に紹介するのは的中難易度が中級になる馬券です。
ビギナー編として紹介した馬券と違うのは、2馬選んで買うということ。
的中率もその分下がるので、中級になります。

ワイド

ワイドは、3着以内に入る馬を2頭当てる馬券です。
複数の馬を選ぶ馬券の中では最も的中率が高いのが特徴です。

当てやすい分、ビギナー向けの馬券ではありますが、その分配当金は少なくなります。

枠連

枠連は、1着と2着になる馬の「枠」を当てる馬券です。
「枠」とは出馬する際にくじ引きで決められる、スタート位置を決める場所の番号のこと。
枠の番号によって、コースの外側からスタートするのか、内側からスタートするのかが決まります。

9頭以上の馬が出走する場合には枠の中に複数の馬が入るため、的中率もそれなりに上がります。
ワイドに続いて、複数の馬を選択する馬券の中ではビギナー向けの馬券と言えるでしょう。

馬連

馬連は1着と2着に入る馬を順不同で当てる馬券です。
着順までは当てる必要はない分、難易度もそれなりで、ビギナーから中級者まで多くの人が買っている王道とも言える馬券です。
ただ、枠連と比べると的中は難しくなります。

馬単

馬単は、1着と2着に入る馬を順番通りに当てる馬券です。
順不同でない分、的中率は下がる傾向がありますが、当たれば配当金は大きくなります。

難易度上級の馬券

最後に紹介するのは、的中させるための難易度が上級になる馬券です。
当てる馬の数が増えるので、的中率も下がりますが配当金は大きいのが特徴になります。

3連複

3連複は、1着から3着までの馬を順不同で当てる馬券です。
順不同ではあるものの、流石に1着から3着までの馬を当てるのは難しいです。

ある程度、馬の性格などが分かった上で買わないと、なかなか的中はしないと言えます。

3連単

3連単は、1着から3着までの馬を着順通りに当てる馬券です。
着順通りなので難易度は跳ね上がりますが、的中させることが出来ればかなりの配当金をもらえる可能性があります。

WIN5

WIN5は、指定されたレースで1着になる馬を全て当てる馬券です。
これまで紹介した馬券の中でもトップクラスで的中させるのが難しく、もし当てることが出来れば高額な配当金が期待できます。

WIN5では、過去に4億円を超える配当金が出たこともあるので、まさに夢の馬券とも言えます。

まとめ

いかがでしたか。
ここでは、馬券の種類について解説してきました。

競馬の魅力について少し分かってきたのではないでしょうか。
ぜひ、馬券の種類も覚えて競馬をさらに楽しいものにしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする